風俗で働く前に知っておかないと損をすることになることについて

壁に寄り掛かる下着姿の女性

地震、雷、火事、おやじ、これほど怖いものはないという例えの諺です。

確かに、地震は怖いです。近年、地震が多発し、東京に地震がくる日は遠くないと言う学者の人もいて、いつ被害に合うのかと、不意に恐怖に襲われることがあります。

雷を恐れる人も少なくありません。特に女性は、「きゃっ、怖い!」と、愛しい男性の胸に飛び込むなど、恐怖心を顕にする人もいます。

火事は、大切な思い出の品や、家財を一夜で消失させ、人命も奪います。防火使用の建築物も最近では建設されるようになりましたが、火事に対する安全は万全ではありません。

おやじも怖いです。昔は、おやじは怖いものの代表格でした。近頃は、怒鳴る、叩くなどのおやじは減りましたが、今でも、体罰を行うおやじは少なからずいます。

叩かれると、かなり痛いです。鶯谷の風俗の求人で、風俗に勤務することになった女性の場合、地震、雷、火事、おやじ、などの恐怖より、もっと警戒しなければいけないことがあります。

性病です。職業病という言葉がありますが、性病は風俗店で働く女性にとっては、一般の女性より性病にかかる可能性が高く、ある意味、職業病のようなものかも知れません。

1番有名で恐ろしい性病は、エイズだと思います。しかし、性病で恐ろしいのは、エイズだけではないのです。性病にはさまざまな種類がありますが、ここでは毛じらみ症を紹介します。